3/18(日)開催 東京学芸大学 平成29年度成果報告シンポジウム

東京学芸大学  パッケージ型支援プロジェクト

平成29 年度成果報告シンポジウム
~子どもの貧困と教育にできること~

【日程】2018年 3月 18 日(日) 10:30~17:00
【会場】 東京国際フォーラムD1 会議室
【参加費】 無料
【定員】 80名

【申込方法】事前申し込みはこちらから
ページから入力フォームにアクセスしてください
【対象者】
学校教員、教育支援専門職
(スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー等)、
教育委員会関係者、NPO など教育支援活動団体関係者、
貧困支援に関わる民間団体・企業、地域での支援者、大学教員、学生、市民

【プログラム】
10:30 開会挨拶
10:35 問題関心と目的
10:40 プロジェクトの概要説明
10:50 講演
   「教育格差と学校における諸問題」
11:10 第一部
   「包摂型社会に寄与する学校プラットフォーム」
(各報告10分、全体ディスカッション30分)

★「見えにくい」と言われる子どもの貧困に気づき、適切な支援へと繋いだり、
個別の状況に応じた教育的配慮を行ったりすることを可能にするための学校教育のあり方について議論します。

12:30~13:40 昼休憩(70分)

13:40 第二部
   「各種教育支援手法の開発」
(各報告10 分、全体ディスカッション20分)

★貧困状況と関連して生じる教育機会や能力の格差に対応した専門的な教育支援の手法を、教育現場との連携・協働による実践を交えながら報告します。

14:30~14:40 休憩(10分)

14:40 第三部
「現代的な教育課題に対応した教員養成系大学・附属学校の機能強化」
(各報告15分、全体ディスカッション45分)
 
★「附属学校への進学や在学中の支援」、「大学のカリキュラム開発・社会貢献」、
「教員・教育支援者の養成・研修」、
「放課後教育」等に関して、プロジェクトが開発しているモデルを示し、「子どもの貧困」という現代的な教育課題に対応した教員養成系大学や国立大学附属学校の機能強化の具体的なあり方について議論します。

16:40 総括
16:55 閉会挨拶
17:30~19:30 懇親会・情報交換会
(希望制)@東京国際フォーラム内飲食店を予定

※シンポジウムの内容や申し込みに関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト 児童・生徒支援連携センター
TEL: 042-329-7921
MAIL: ccss@u-gakugei.ac.jp

詳細はこちらをご覧ください PDF

3/10(土)開催 わかもの互立(支えあい)ネットワーク主催 ネットワークミーティング2018

自立に困難を抱える 子どもたちの“いま”

子どもは周りに支えられながら自立に向けて歩みます。ですが、対人関係や社会生活がうまくいかず、思うように働くことができない、居場所がなくなり、場合によっては住む場所すら無くなるなど、生活が困難な状況になりやすい現代社会になっています。
今回、‘育ちあう環境’をテーマに、自立を応援している方々のレポートから、地域社会の中で、子ども・若者のサポートを広げるためのヒントを学び合いたいと思います。ぜひご参加ください。

≪プログラム≫
特別講演「沖縄県子どもの貧困実態調査」からみえる
地域社会の姿、かながわへの提案

沖縄大学名誉教授加藤彰彦氏
 

リレーレポート「施策、現場からみた、子どもの“いま”」

○県次世代育成部子ども支援課課長代理吉田信雄氏
○県中央児童相談所虐待対策支援課松永砂氏
○里親センターひこばえ里親支援専門相談員矢内陽子氏
○自立援助ホームみずきの家ホーム長加藤さい氏
 

【日程】
 平成30年3月10日(土)
 13:00~16:30

【会場】 神奈川県社会福祉会館 4階第1・第2研修室

【参加費】 500円

【定員】 80名

【申込方法】
 別紙「参加申込書」にてお申し込みください。【〆切:3月2日(金)】

【参加得点】
11名の若者へのインタビュー集¥Vol.2』をお配りします!

【主催】わかもの互立(支えあい)ネットワークとは、
★平成23年度の県社会福祉協議会シンポジウムをきっかけに、福祉・教育・医療・就労・青少年相談等の分野に従事する関係者が参加し、子ども・若者を支えるネットワーク作りを進めることを目的に活動する任意団体です。
 
【問合先】
神奈川県社会福祉協議会企画担当気付
045-311-1423
kikaku@knsyk.jp
詳細はこちらをご覧ください。PDF
参加申込書はこちら PDF

2/24(土)開催 平成29年度社会的養護における「育ち」「育て」を考える研究報告会

「社会的養護を担う人の育成」~「育ち」「育て」そして、子どもと一緒に「育つ」~ を研究テーマとし、基調講演と合わせてテーマについて広く考えるシンポジウムを行います。

【日時】2月24日(土) 13:00~17:00 (受付12:00~)
*12:00より社会的養護関連のDVDを上映いたしますので、興味のある方はご覧下さい。

【会場】国立障害者リハビリテーションセンター 学院講堂
埼玉県所沢市並木4-1 (西部新宿線 航空公園駅 または 新所沢駅)

【お申込み】お申込み用紙にご記入の上、FAXまたはメールでお申込み下さい。

【お問い合わせ先】国立武蔵野学院 調査課
TEL:048-878-1260(音声ガイダンス1番)
FAX:048-878-1244
E-mail:sodachisodate@musashino.go.jp

詳細はこちらからご覧ください PDF

2/10(土)開催 日本の子どもの未来を考える研究会 第2回シンポジウムのお知らせ

日本の子どもの未来を考える研究会 第2回シンポジウムが以下の通り開催されます。

【日時】2月10日 13:00~16:15

【会場】日本財団2階大会議場
東京都港区赤坂1丁目2番2号 日本財団ビル

【主催】日本の子どもの未来を考える研究会

【お申込み】下記のお問合わせ先に、氏名(複数可)・職種・経験年数・所属・所属住所・連絡先を明記し、FAX またはメールでお申し込みください。(担当:笠井・鈴木)

【お問い合わせ先】日本の子どもの未来を考える研究会 事務局
〒007-0836 札幌市東区北36 条東9 丁目1 番1 号(福)麦の子会 内
TEL(011)733-9251 FAX(011)769-0847
e-mail : muginoko@muginoko.com

詳細はこちらからご覧ください  PDF

全国里親会メーリングリスト変更に関するお知らせ

平素は里親活動にご支援・協力をいただき感謝申し上げます。
全国里親会のメーリングリストは、参加する里親関係者を信頼し、
参加者の良識にお任せして運営して参りました。

この間、参加者相互の有益な情報交換・交流が多々見られました。
しかしながら、ここ1~2年、他者への配慮に欠ける事例、目に余る投稿や回答を迫るやり取りが見受けられるようになりました。
メーリングリスト参加者の方々からも改善を求める要望が寄せられました。

 このような状況について、理事会においてその適正な利用と運営を検討してまいりました。
その結果、メーリングリストの改善を図ることとなりました。
このことは全国大会(京都)の代表者会議並びに全体会でも趣旨を説明しご理解をいただきました。

 今後は、新たに最低限守るべきマナーやルールにご賛同いただける場合に限って参加登録することになります。
より、信頼関係による意見交換や情報の提供等ができるよう、より良いメーリングリストにして参加者の利便を図りたいと思っております。

詳細はこちらをご覧ください。 PDF