3/18(日)開催 東京学芸大学 平成29年度成果報告シンポジウム

東京学芸大学  パッケージ型支援プロジェクト

平成29 年度成果報告シンポジウム
~子どもの貧困と教育にできること~

【日程】2018年 3月 18 日(日) 10:30~17:00
【会場】 東京国際フォーラムD1 会議室
【参加費】 無料
【定員】 80名

【申込方法】事前申し込みはこちらから
ページから入力フォームにアクセスしてください
【対象者】
学校教員、教育支援専門職
(スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー等)、
教育委員会関係者、NPO など教育支援活動団体関係者、
貧困支援に関わる民間団体・企業、地域での支援者、大学教員、学生、市民

【プログラム】
10:30 開会挨拶
10:35 問題関心と目的
10:40 プロジェクトの概要説明
10:50 講演
   「教育格差と学校における諸問題」
11:10 第一部
   「包摂型社会に寄与する学校プラットフォーム」
(各報告10分、全体ディスカッション30分)

★「見えにくい」と言われる子どもの貧困に気づき、適切な支援へと繋いだり、
個別の状況に応じた教育的配慮を行ったりすることを可能にするための学校教育のあり方について議論します。

12:30~13:40 昼休憩(70分)

13:40 第二部
   「各種教育支援手法の開発」
(各報告10 分、全体ディスカッション20分)

★貧困状況と関連して生じる教育機会や能力の格差に対応した専門的な教育支援の手法を、教育現場との連携・協働による実践を交えながら報告します。

14:30~14:40 休憩(10分)

14:40 第三部
「現代的な教育課題に対応した教員養成系大学・附属学校の機能強化」
(各報告15分、全体ディスカッション45分)
 
★「附属学校への進学や在学中の支援」、「大学のカリキュラム開発・社会貢献」、
「教員・教育支援者の養成・研修」、
「放課後教育」等に関して、プロジェクトが開発しているモデルを示し、「子どもの貧困」という現代的な教育課題に対応した教員養成系大学や国立大学附属学校の機能強化の具体的なあり方について議論します。

16:40 総括
16:55 閉会挨拶
17:30~19:30 懇親会・情報交換会
(希望制)@東京国際フォーラム内飲食店を予定

※シンポジウムの内容や申し込みに関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。

東京学芸大学パッケージ型支援プロジェクト 児童・生徒支援連携センター
TEL: 042-329-7921
MAIL: ccss@u-gakugei.ac.jp

詳細はこちらをご覧ください PDF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です